ごあいさつ

みなもと音楽教室のホームページをご覧下さりありがとうございます。

私がピアノを始めたのは5歳の頃です。某音楽教室のピアノの看板を指差し、「これやりたい!」と言ったそうです。

 

それから数十年経ちましたが素晴らしい先生との出会い、

たくさんの音楽との出会い私にとっての宝物になっています。

 

「音楽の楽しさ、演奏することの喜びを知って欲しい。」

「音楽が生きる力となって欲しい。」

「演奏することで充実した人生を送って欲しい。」

 

 そう思いながら指導しています。

 

子育て中のお母さんの味方に

リトミック研究センターの認定教室として、1歳~5歳のお子様にリトミックを指導していますが、お母さん達との会話も大切にしています。

 

不安だらけの子育ての手助けが出来るように、

お母さん達がレッスンに来て少しでも癒されるように、

いつもお母さん達の話に耳を傾けています。

 

私自身、子ども達が小さかった頃には身近な人はもちろん、見知らぬおばあちゃんおじいちゃん、ママさんなどたくさんの人に助けられてきました。

 

「子育て」が「孤育て」とならないよう、お母さん達の味方でいよう。

一緒に子ども達の成長を見守り喜んでいこう。

そう思っています。

どんなことでも一度受けとめる

「お母さんがこうしなさいって言うから。」

レッスン中に時々出てくるフレーズです。

 

「でも、演奏するのはあなたよね?あなたはどうしたいの?」

 

そんなやりとりをよくします。

大人の顔色を伺って、いい子で居ようとする子ども達。

 

「あなたはあなたらしく、自分の考えを持って行動していいのよ。」といつも思っています。

 

だから、どんな言葉もどんな行動も否定せずに一度受け止める。

大人の価値観で決め付けないように気をつけています。

           

「この先生は自分のことを受け止めてくれるんだ!」と思ってもらえると、何でも話してくれるようになります。

 

私の生徒の9割はおしゃべりさん(笑)

それもお互いに良い関係が築けている証拠ではないかな…と思っています。

将来ひとりで演奏できるように

ピアノを弾く技術だけではなく読譜やソルフェージュといった理論面のレッスンも大切にしています。

楽譜に書かれていることが分かればレッスンに通えなくなっても一人で演奏することは出来ます。

 

 ちょっと弾いてみようかな、と思ったときに楽譜が読めれば

きっと楽しく演奏出来ると思うのです。

 

 

いつかは教室を卒業していく生徒達のために、いつでも音楽を楽しめるようにしてあげたいと思っています。